fc2ブログ

3DSオススメ情報局

3DSに関するオススメソフトや情報を紹介。

【3DS】『ドクターロートレックと忘却の騎士団』のレビュー

ドクターロートレックと忘却の騎士団 公式サイト
    発売日:2011.7.7
メーカー:KONAMI
ジャンル:宝探しアドベンチャー
価格:5,480 円
中古価格:1,369 円
※画像はAmazonでの商品の詳細ページへのリンクです。
セーブデータ数:2
クリア時間:20時間ぐらい
ソフト紹介
・パリを舞台にさまざまな謎を解いていく宝探しアドベンチャー。
・謎解きよりもアクションやRPG的要素の方が多い。
・50以上の洞窟、250以上のパズルが登場。
・CVには、岸谷五朗、武井咲、バナナマンを起用。
良い点
・配置など頭を使う戦闘が面白い。
・アニメーションが3Dでクオリティも高い。
・ストーリーが面白い。
・パリの名所を色々見られる。
・宝物の収集が楽しい。
・キャラクターや精霊のデザインがいい。
悪い点
・ダンジョンの警官が邪魔。捕まると入り口に戻され仕掛けもやり直さなくては
 ならず面倒。
・一回部屋から出るとクリアした仕掛けも戻されて面倒。
・主役とヒロインの声があっていない。
・ダンジョンの謎を解いた先に警官がいるのに違和感がある。
・想像していたゲーム内容ではなかった。(パズルがメインのゲームではない。)
・パズルの種類が少なく、内容も簡単。
・雰囲気がレイトンシリーズに似すぎていて印象が悪い。
・同じようなことの繰り返しで単調。
総評
 まず最初に言わなければならないことはこのゲームが謎解きメインのゲームで
ないと言うことです。パッケージの雰囲気やプロモーション映像などから受ける
印象が「レイトン教授シリーズ」に非常に似通っているためゲーム内容も同じ
ようなものを想像して購入される方が多いようですが、このゲームはアクションや
RPG的な要素がメインで謎解きはちょっとしたアクセントとして使われています。
お間違いのないようご注意ください。
 謎解きに期待しなければゲーム自体は中々良く出来ています。ゲームの流れ
としては「クエストを受ける」→「地図を基にダンジョンを探す」→「ダンジョンを
進む(スニークアクション&パズル)」→「精霊との対決(コマンドバトル)」→
「宝物の獲得」を繰り返す感じです。ダンジョン部分で警官に捕まると入り口まで
戻され仕掛けもやり直しになるのが面倒ですが頻繁にセーブすることである程度
対処できます。どのクエストも同じような流れでやや単調ですがパリに関する
名所がたくさん出てくるので観光気分に浸れたり、精霊とのバトルは頭を使う
ので意外と楽しめます。
 手放しで褒められるほどの名作ではありませんが、ゲーム内容は独特で光る
ものを感じます。もしダンジョン部分の仕様などの不満が解消されればかなりの
名作になるのではないかと思える非常に惜しい作品です。

※レビューについて不明な点がございましたらこちらをご覧下さい。
スポンサーサイト



[ 2012/08/16 20:55 ] ソフトレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL