fc2ブログ

3DSオススメ情報局

3DSに関するオススメソフトや情報を紹介。

【3DS】『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D』のレビュー

萌え萌え大戦争☆げんだいばーん 3D 公式サイト
    発売日:2011.12.15
メーカー:システムソフト・アルファー
ジャンル:戦略シミュレーション+アドベンチャー
価格:6,090 円(DL版:5,040 円)
中古価格:3,980 円
※画像はAmazonでの商品の詳細ページへのリンクです。
セーブデータ数:3
クリア時間:12時間ぐらい
ソフト紹介
・現代の兵器をモデルにした人型兵器『鋼の乙女』が大勢登場する
 ウォーシミュレーション+アドベンチャーゲーム。
・総勢31体の個性的な『鋼の乙女』が登場。
・ダメージを受けた際に衣服が破損したグラフィックが表示される。
・『鋼の乙女』はレベルアップ時に得られるボーナスポイントを、
 割り振ることで自分好みにカスタマイズできる。
・専用のマップを連続で戦い続けていく「サバイバルモード」があり、
 ここで鍛えたキャラクターを本編に引き継ぐことができる。
良い点
・全キャラフルボイス。
・シナリオは読み応えがある。
・戦闘パートのシステムが面白い。
・女の子が可愛い。ちょっとエッチな破損グラフィックもうれしい。
・実際の戦争や軍事ネタがあり、その手の話が好きな人は楽しめる。
悪い点
・画面の切り替えなど様々な場面で動作が遅くもっさりしている。
・タッチとボタンの併用で操作性が悪い。
・敵の思考時間が長い。
・説明不足で分かりにくい所がある。
・ウィンドウがマップに重なり見づらい。
・全体的にロード時間が長い。
・BGMと音声のバランスが悪く聞き取りづらい時がある。
総評
 独自の世界観やキャラクターは魅力的。戦闘パートは独自性はないが
馴染みやすい無難な作りで、ゲーム内容自体は悪くはない。しかしながら、
ボタンとタッチを併用する操作性の煩雑さや情報不足で見づらい画面、
“もっさり感”など、UI周りでの欠点が多く目に付く。特に“もっさり感”が
酷く、あらゆる場面でレスポンスが悪くのろのろしている。
 キャラクターや設定などに引かれて興味を持った人はやってみる価値が
ない訳ではないが、PCをはじめ他機種版では操作がサクサクしているので
そっちをやった方がいいかもしれない。ちなみにDSでも本作と同じ世界観の
作品『萌え萌え2次大戦(略)2』が発売されている。
※レビューについて不明な点がございましたらこちらをご覧下さい。


スポンサーサイト



[ 2013/02/22 22:04 ] ソフトレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL